« Christmas cake | トップページ | エコキャップ運動 ―2009― »

意外な事実♪クラシック

本日、12月24日。クリスマスイヴですね
教会ではキャンドルナイトやコーラス…etcと、他にも様々な場所でイベントやショーが催されたようです。中にはゴスペルコンサート、というのもありました。
クリスマスから年末~年始と、クラシックを聞く機会が増えることと思います。

―と、ここで、突然ですが問題です。
日本人が一番よく聞いているクラシック曲は何でしょう?

ぱっと思い浮かぶのはベートーベンの『第九』とか、ヴィヴァルディの『四季』とか。
のだめブームで一気に有名になった、ベト七こと『交響曲第7番』、『ラプソディ・イン・ブルー』ぐらいではないでしょうか。

しかしながら、No!

正解は『ウエストミンスターの鐘』という、ルイ=ヴィエルヌの曲です。
曲名から「あぁ、あの曲!」と連想出来る方、いらっしゃいます…?出来たら凄い

実はこの曲、学生時代に毎日のごとくきいたチャイムの音
あれこそが、この『ウエストミンスターの鐘』なのだそうです。
思い返せば、「あのチャイムの音色は誰が作ったのだろう」という風なことを考えた記憶が…。立派なクラシック音楽だったんですね w(゚o゚)w

« Christmas cake | トップページ | エコキャップ運動 ―2009― »

小噺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外な事実♪クラシック:

« Christmas cake | トップページ | エコキャップ運動 ―2009― »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ