« ワールドカップと共に | トップページ | 初収穫 »

水無月

お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、園長一家は甘味大好き一家です。

桜を見れば「桜餅食べたいねぇ」、端午の節句では「やっぱり柏餅食べなきゃ」
果ては満月を見て「今日は月が綺麗…。お月見団子、作らないと!」と言い出す始末

そんな一家ですので、祭礼や行事にまつわる和菓子には目がありません。
今日も今日とて“水無月”を買ってしまいました。

Imageaminaduki300


京都では1年のちょうど折り返しにあたる6月30日にに、この半年の罪や穢れを祓い、
残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。

―で、この「夏越祓」に用いられるのが、“水無月”です!

水無月は上記写真のように、白の外郎生地に小豆をのせ、三角形に包丁された菓子。
それぞれに意味があって、上部にある小豆は魔よけ・悪魔払い。三角の形は暑気を払う氷を表しているそうです。

以前は(京都や関東では今も?)6月30日のみ、1日限りの販売だったみたいですが
本日、目に留まったので買ってしまいました。
昨年度は食べ損なったので、「今年は!」と、先陣を切った?わけであります\(;゚∇゚)/

これで下半期の生活はバッチリ、かな?

« ワールドカップと共に | トップページ | 初収穫 »

小噺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月:

« ワールドカップと共に | トップページ | 初収穫 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ